じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

ルバーブ 栄養価

ルバーブ(英: Rhubarb [ˈruːbɑrb])とは、タデ科ダイオウ属の中の食用とされている栽培品種である。学名は統一されていないが Rheum rhabarbarum などが用いられる。和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)など。多年草で太くて短い地下茎を持つ。根生する大きな葉は有毒。緑白色の小花が集まり、円錐花序を作る。

地面から伸びる多肉質の葉柄を食用とする。生ではセロリのようなパリッとした食感と強い酸味がある。一般的な調理法は果物に近く、甘味をつけてパイやクランブルなどのデザートに用いることが多い。

ルバーブにはエモジンやレイン、さらに、例えばレインの配糖体であるグルコレインのような複数種のアントラキノン誘導体が含まれており、これらが瀉下作用(機械的作用、刺激性作用の両者とも)を現すため、便秘の際に下剤として有用である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ルバーブ 続きを読む
ルバーブには子宮収縮を促進する作用があるので、妊婦中は摂取を避ける。また授乳中は母乳に成分が混ざり、乳児が下痢を起こすこともあるとされるので、授乳中も摂取は避ける。

別名 「ショクヨウダイオウ(食用大黄)」調理前は酸味と独特の香気があるので、砂糖を加えて調理するのが一般的。根は下剤としても使用されるので、ルバーブ(茎)ににもその成分が多少ある。

栄養成分/100グラム 野菜類/ルバーブ/葉柄、生

食物繊維 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
24kcal 658.33/1食 691.66/1食 0.7g 16.66/1食 20/1食 0.1g 18.33/1食 21.66/1食 6.0g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
3.5g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 2.5g 6/1食 9.33/1食 0g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

カルシウム カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
1mg 200/1食 203.33/1食 74mg 216.66/1食 216.66/1食 37mg 266.66/1食 266.66/1食 0.1mg 2.66/1食 2.66/1食 0.05mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
400mg 666.66/1食 666.66/1食 19mg 93.33/1食 93.33/1食 0.2mg 3.5/1食 3.5/1食 0.02mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

葉酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
3μg/40μg 225/1食 225/1食 0.04mg 0.36/1食 0.36/1食 0.02mg 0.4/1食 0.4/1食 0.2mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
5mg 33.33/1食 33.33/1食 0.05mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 0.10mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 7μg 50/1食 50/1食 0.3mg 3.83/1食 3.83/1食 31μg 80/1食 80/1食

保存方法や選び方

選び方

切り口が新しく茶色かったり傷んでいるものは避け、茎全体の色が鮮やかでツヤがあるものを選ぶ。

るばーぶの旬の時期/季節

今は12月:るばーぶの旬は、 「5月」「6月」「7月」です。

16日

12月の旬の食材

12月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す