じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

べいなす/米ナス 栄養価

未熟で果肉や種子が柔らかいうちに収穫し、食用とする。 焼く、煮る、揚げるなどあらゆる方法で調理される[6]。淡白な味で他の食材とも合せやすく、また油を良く吸収し相性が良い。野菜炒めなどで油を吸わせたくない場合は、油を入れる前にナスを少量の水で軽く煮るように炒めて、スポンジ状の実に水分を含ませてやると油を吸い難くなる。皮も薄く柔らかいので剥かずに調理されることが多い。また、ナスは古くからフグと相性が良いとされ、てっちりやフグ汁には切ったナスが盛り込まれることがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ナス 続きを読む
ナス科植物なのでアルカロイド(灰汁)を多く含み、一部の品種を除き生食はされない。加熱調理しない場合は漬物にするか、塩揉みで灰汁抜きしてから供される。塩で揉んだ後さらにマリネなどに加工されることもある。多くの栽培品種は、品種改良により灰汁が少なくなっている。

栄養成分/100グラム 野菜類/(なす類)/べいなす/果実、生

食物繊維 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
22kcal 658.33/1食 691.66/1食 1.1g 16.66/1食 20/1食 0.1g 18.33/1食 21.66/1食 5.3g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
0.1g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 2.4g 6/1食 9.33/1食 0g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
1mg 200/1食 203.33/1食 10mg 216.66/1食 216.66/1食 26mg 266.66/1食 266.66/1食 0.2mg 2.66/1食 2.66/1食 0.13mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
220mg 666.66/1食 666.66/1食 14mg 93.33/1食 93.33/1食 0.4mg 3.5/1食 3.5/1食 0.08mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
4μg/45μg 225/1食 225/1食 0.04mg 0.36/1食 0.36/1食 0.06mg 0.4/1食 0.4/1食 0.3mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
6mg 33.33/1食 33.33/1食 0.04mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 0.30mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 9μg 50/1食 50/1食 0.6mg 3.83/1食 3.83/1食 19μg 80/1食 80/1食

べいなすの旬の時期/季節

今は10月:べいなすの旬は、 「4月」「5月」「6月」「7月」です。

22日

10月の旬の食材

10月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す