じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

しかくまめ/うりずん豆/四角豆 栄養価

シカクマメ(四角豆、学名:Psophocarpus tetragonolobus (L.) D.C.)は、マメ科シカクマメ属の多年草(日本では冬季に枯れるので一年草扱い)。熱帯アジア原産。実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前がある。学名の種小名も四角形(テトラゴン)に由来する。沖縄では「うりずん豆」「シカクマーミ」、日本本土では「琉球四角豆」といった商標で種苗が市販されている。

ビルマやインド、インドネシア、パプアニューギニア、日本の沖縄県や小笠原諸島などで商業栽培されており、日本本土でも家庭菜園や緑のカーテン向けに栽培が広まっている。

長さ15cmくらいの若い莢を煮たり、炒め物や揚げ物(天ぷら)などにする。軽い苦味があるもののさっぱりした味でくせがなく歯ごたえを楽しめる。さやだけに留まらず、花や葉、熟した豆、そして地下根(芋)も食用になる。

在来品種は短日性が強く、特に沖縄県以外では開花結実する時期(元々は9月〜10月)に気温が足りないため露地栽培は難しかったが、沖縄の夏の野菜不足を補うためにも1980年代に旧農林水産省熱帯農業研究センター(現、国際農林水産業研究センター) によって新品種「ウリズン」は夏(7月〜9月)でも開花結実するように改良研究され栽培が奨励された。ウリズンとは「潤い初め」の琉球方言で旧暦の2月〜3月頃を指し、春分から沖縄の梅雨入り前までの時期をあらわす言葉である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シカクマメ 続きを読む

別名 「うりずん豆」「シカクマーミ」「球四角豆」サヤエンドウと同様に豆の若いさやを食用します。軽く茹でて、サラダやおひたしに。天ぷら、炒め物等いんげんと同様にいろんな調理に馴染みます。あっさりとした味とパリッとした歯触りを楽しめます。

栄養成分/100グラム 野菜類/しかくまめ/若ざや、生

食物繊維 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
20kcal 658.33/1食 691.66/1食 2.4g 16.66/1食 20/1食 0.1g 18.33/1食 21.66/1食 3.8g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
0.6g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 3.2g 6/1食 9.33/1食 0g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

カルシウム マンガン カリウム マグネシウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
1mg 200/1食 203.33/1食 80mg 216.66/1食 216.66/1食 48mg 266.66/1食 266.66/1食 0.3mg 2.66/1食 2.66/1食 0.54mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
270mg 666.66/1食 666.66/1食 38mg 93.33/1食 93.33/1食 0.7mg 3.5/1食 3.5/1食 0.09mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンK」 が豊富に含まれる。
ビタミンC ナイアシン 葉酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
36μg/440μg 225/1食 225/1食 0.09mg 0.36/1食 0.36/1食 0.10mg 0.4/1食 0.4/1食 0.4mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
16mg 33.33/1食 33.33/1食 0.09mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 0.36mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 63μg 50/1食 50/1食 1.8mg 3.83/1食 3.83/1食 29μg 80/1食 80/1食

しかくまめ/うりずん豆の旬の時期/季節

今は12月:しかくまめ/うりずん豆の旬は、 「7月」「8月」「9月」「10月」です。

16日

12月の旬の食材

12月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す