じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

ブロッコリー 栄養価 GI値とGL値

ブロッコリー(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる。和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花椰菜)。カリフラワーとブロッコリーはキャベツ変種で生育初期の見分けは難しい。単位は「株」である。

語源は「茎」と言う意味のイタリア語である brocco を経て、「突起」「出っ歯」の意であるラテン語の brocchus からきている。

地中海沿岸の原産。食用とするのはつぼみの状態の花序と茎であり、収穫せずに栽培を続けると巨大になった花序に多数の黄色やクリーム色の花をつける。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブロッコリー 続きを読む

ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分、葉酸が豊富。貧血やかぜ予防、肌荒れなどを防ぐ。

栄養成分/100グラム

食物繊維 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
138kcal 658.33/1食 691.66/1食 4.3g 16.66/1食 20/1食 0.5g 18.33/1食 21.66/1食 5.2g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
0.8g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 4.4g 6/1食 9.33/1食 0.1g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

リン カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
20mg 200/1食 203.33/1食 38mg 216.66/1食 216.66/1食 89mg 266.66/1食 266.66/1食 0.7mg 2.66/1食 2.66/1食 0.22mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
360mg 666.66/1食 666.66/1食 26mg 93.33/1食 93.33/1食 1.0mg 3.5/1食 3.5/1食 0.08mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンE」 「ビタミンC」 「ビタミンK」 「葉酸」 が豊富に含まれる。
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンB2 パントテン酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
67μg/810μg 225/1食 225/1食 0.14mg 0.36/1食 0.36/1食 0.27mg 0.4/1食 0.4/1食 2.4mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
120mg 33.33/1食 33.33/1食 0.20mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 1.12mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 160μg 50/1食 50/1食 0.8mg 3.83/1食 3.83/1食 210μg 80/1食 80/1食

グリセミックインデックス/ロード GI値/GL値

食品の血糖値の上昇目安と評価
参考 説明
GI値 25(低) 食品の血糖値の上昇度合いを表現する数値。70以上で高、56~69で中、55以下で低。高いほど血糖値が上がる食品だと判断される。
GL値 1.3(低) GI値に食品に含まれる炭水化物の割合をかけて算出。炭水化物量の少ない野菜や果物の評価が変わる。20以上で高、12~19で中、11以下で低
㌍/100㌘ 138kcal 運動や代謝によって消費されるエネルギー

保存方法や選び方

選び方

緑色が濃く、蕾が密集し硬く引き締まっているもの

保存方法

保存袋に入れて冷蔵庫(2~3日)

冷凍保存

固めに茹で小分けにして、保存袋にいれる。

ブロッコリーの旬の時期/季節

今は10月:ブロッコリーの旬は、 「1月」「2月」「3月」「11月」「12月」です。

22日

10月の旬の食材

10月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す