じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

ぎんなん/銀杏 栄養価 GI値とGL値

イチョウの種子は、銀杏(ぎんなん、ぎんきょう)といい、殻を割って中の仁が調理される。仁は直径1.5センチメートル前後のラグビーボール形で、熱すると半透明の鮮やかな緑色になるが、水分を吸うと黄色っぽく不透明になる。彩りを兼ねて茶碗蒸しやがんもどき、おこわなどの具に使われたり、酒の肴としても人気がある。デンプンが豊富に含まれ、モチモチとした食感と独特の歯ごたえがある。ただ、独特の苦味と臭気があり、特に臭気においては強烈だと感じることもある。秋の食材だが、加熱して真空パック詰めにした商品は年中手に入る。上記のような鮮やかな緑色は殻付きの生の種子を入手しないと得られない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/イチョウ 続きを読む
大量に摂取した場合、痙攣などを引き起こす事があり銀杏中毒と呼ばれる。報告数の70%程度が5歳未満の小児であるため注意したい。

別名 「ぎんきょう」炭水化物・糖質が多くカロリー高い。カリウム、ビタミンE、パントテン酸をとても多く含み、リン、マグネシウム、鉄分、ビタミンC、パントテン酸、ナイアシン、葉酸なども多いが多量摂取に向かない。

栄養成分/100グラム 種実類/ぎんなん/生

「糖質」 が豊富に含まれる。炭水化物 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
171kcal 658.33/1食 691.66/1食 4.7g 16.66/1食 20/1食 1.6g 18.33/1食 21.66/1食 34.8g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
33.2g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 1.6g 6/1食 9.33/1食 0g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

「カリウム」 「銅」 が豊富に含まれる。
リン マグネシウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
0mg 200/1食 203.33/1食 5mg 216.66/1食 216.66/1食 120mg 266.66/1食 266.66/1食 0.4mg 2.66/1食 2.66/1食 0.26mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
710mg 666.66/1食 666.66/1食 48mg 93.33/1食 93.33/1食 1.0mg 3.5/1食 3.5/1食 0.25mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンE」 「パントテン酸」 が豊富に含まれる。
ビタミンB1 ビタミンC ナイアシン 葉酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
24μg/290μg 225/1食 225/1食 0.28mg 0.36/1食 0.36/1食 0.07mg 0.4/1食 0.4/1食 2.5mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
23mg 33.33/1食 33.33/1食 0.08mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 1.27mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 3μg 50/1食 50/1食 2.5mg 3.83/1食 3.83/1食 45μg 80/1食 80/1食

グリセミックインデックス/ロード GI値/GL値

食品の血糖値の上昇目安と評価
参考 説明
GI値 58(中) 食品の血糖値の上昇度合いを表現する数値。70以上で高、56~69で中、55以下で低。高いほど血糖値が上がる食品だと判断される。
GL値 20.18(低) GI値に食品に含まれる炭水化物の割合をかけて算出。炭水化物量の少ない野菜や果物の評価が変わる。20以上で高、12~19で中、11以下で低
㌍/100㌘ 171kcal 運動や代謝によって消費されるエネルギー

保存方法や選び方

保存方法

新聞紙などに包んで冷蔵庫

ぎんなんの旬の時期/季節

今は10月:ぎんなんの旬は、 「10月」「11月」です。

22日

10月の旬の食材

10月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す