じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

アコウダイ/赤魚鯛 栄養価

アコウダイ(赤魚鯛、学名:Sebastes matsubarae)はカサゴ目フサカサゴ科(あるいはメバル科)に属する海水魚。単にアコウとも呼ばれる。別名、アコ、アコウ、メヌケ(他のメヌケ類との混称として使われる)。水深500-700mの深い海に生息するため、釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから、「目が抜け出る」という意味でメヌケの名がある。 本種は昔から赤魚の名で流通しており、刺身、洗い、味噌漬、粕漬、塩焼、煮付け、椀だねなどに幅広く利用されている[3][4]。 また、東京近辺ではあらを汁に仕立てた『あこう汁』という料理もある。マダイの代わりに祝儀に利用することもある。 かつては鯛や鱈の代用としても使われていたが、近年では漁獲量が激減し、高級魚となっている。また、市場で「赤魚」と称して売られているのは近縁のアラスカメヌケやタイセイヨウアカウオであることが多い。また、アカウオを標準和名とするのはハゼ科の別種である。なお、関西地方ではキジハタのことをアコウと呼ぶ。 「アコウダイ」として安価に売られる加工品には代用魚が使われることが多い[5]。バラメヌケ、オサナガ、 アラスカメヌケなどは切り身にするとアコウダイと見た目と味が似ていて判別は困難である[5]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アコウダイ 続きを読む

別名 「アコウ」「メヌキ(東京市場)」「アカウオ(富山など)」

栄養成分/100グラム 魚介類/あこうだい/生

「たんぱく質」 が豊富に含まれる。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
93kcal 658.33/1食 691.66/1食 16.8g 16.66/1食 20/1食 2.3g 18.33/1食 21.66/1食 0.1g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
0.1g 33.33/1食 66.66/1食 56mg 200/1食 233.33/1食 0g 6/1食 9.33/1食 0.2g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

ナトリウム リン カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
75mg 200/1食 203.33/1食 15mg 216.66/1食 216.66/1食 170mg 266.66/1食 266.66/1食 0.4mg 2.66/1食 2.66/1食 0mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
310mg 666.66/1食 666.66/1食 24mg 93.33/1食 93.33/1食 0.3mg 3.5/1食 3.5/1食 0.02mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンE」 「ビタミンB2」 「ビタミンB12」 「ナイアシン」 が豊富に含まれる。
ビタミンB1 ビタミンD が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
26μg/0μg 225/1食 225/1食 0.11mg 0.36/1食 0.36/1食 0.05mg 0.4/1食 0.4/1食 3.4mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
0mg 33.33/1食 33.33/1食 0.7mg 0.4/1食 0.4/1食 0.7μg 0.8/1食 0.8/1食 0.35mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
1.0μg 1.83/1食 1.83/1食 0μg 50/1食 50/1食 4.0mg 3.83/1食 3.83/1食 3μg 80/1食 80/1食

あこうだいの旬の時期/季節

今は10月:あこうだいの旬は、 「1月」「2月」です。

21日

10月の旬の食材

10月が旬の野菜を表示しています