じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

アユ/鮎 栄養価

アユ(鮎、香魚、年魚、Plecoglossus altivelis)は、キュウリウオ目に分類される、川や海などを回遊する魚である。特に天然アユを中心に、出まわる時期が限られていることから、初夏の代表的な味覚とされている[24][25]。 日本各地のアユの胃の内容物に関する調査の結果、濁りが多い川のアユは胃に泥を多く持ち、食味にも泥臭さが出る。この場合、はらわたを除去することで泥臭さを避けることもできる。一方、泥が少ない川では胃にも泥が含まれず、食味も大幅に改善する。同じ川でも、遡上量が多く川底がアユによって「掃除」されたような年には風味も良くなる[26]。 日本では一般に、魚は刺身で食するのが最良とされている(割主烹従)が、アユについては例外的に塩焼きが最良とされている[24]。一般に初夏のものはアユの独特の香気を味わい、晩夏のものは腹子を味わうとされている[24]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アユ 続きを読む

別名 「香魚」「秋生魚」「チョウセンバヤ(久留米市)」「海胎魚」「溪鰛」「國姓魚」

栄養成分/100グラム 魚介類/あゆ/天然、生

「たんぱく質」 が豊富に含まれる。コレステロール が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
100kcal 658.33/1食 691.66/1食 18.3g 16.66/1食 20/1食 2.4g 18.33/1食 21.66/1食 0.1g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
0.1g 33.33/1食 66.66/1食 83mg 200/1食 233.33/1食 0g 6/1食 9.33/1食 0.2g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

「カルシウム」 「リン」 が豊富に含まれる。
ナトリウム 亜鉛 カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
70mg 200/1食 203.33/1食 270mg 216.66/1食 216.66/1食 310mg 266.66/1食 266.66/1食 0.8mg 2.66/1食 2.66/1食 0.16mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
370mg 666.66/1食 666.66/1食 24mg 93.33/1食 93.33/1食 0.9mg 3.5/1食 3.5/1食 0.06mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンB12」 「ナイアシン」 が豊富に含まれる。
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE ビタミンB2 パントテン酸 ビタミンD 葉酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
35μg/0μg 225/1食 225/1食 0.13mg 0.36/1食 0.36/1食 0.17mg 0.4/1食 0.4/1食 1.2mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
2mg 33.33/1食 33.33/1食 0.15mg 0.4/1食 0.4/1食 10.3μg 0.8/1食 0.8/1食 0.67mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
1.0μg 1.83/1食 1.83/1食 0μg 50/1食 50/1食 6.4mg 3.83/1食 3.83/1食 27μg 80/1食 80/1食

あゆの旬の時期/季節

今は10月:あゆの旬は、 「6月」「7月」「8月」です。

22日

10月の旬の食材

10月が旬の野菜を表示しています