じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

キウイフルーツ 栄養価 GI値とGL値

キウイフルーツ(英: kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。また、マタタビ属のActinidia deliciosaを指して特にキウイフルーツとも呼ぶ。

1906年にニュージーランドが新しい果樹のキウイフルーツとして、中国原産のActinidia deliciosaActinidia chinensisの品種改良に成功、1934年頃から商業栽培を開始し、世界各国で食べられるようになった果物である。

「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで1959年に命名された(果実と鳥の見た目の類似性から命名された訳ではない)。カタカナでは「キーウィーフルーツ」「キーウィフルーツ」「キウィフルーツ」などの表記も使用される。

日本における花期は5月頃。耐寒性があり冬期の最低気温−10℃程度の地域でも栽培が可能である。産地は温帯から亜熱帯で、熱帯果実ではない。

Actinidia deliciosa の最も一般的な栽培品種であるヘイワード種の果実は、鶏卵程度の大きさをもつ楕円体で、皮が茶色く毛状の繊維に覆われている。この植物および果実自体もキウイ(またはキーウィーキーウィキウィ)と略して呼ばれる場合がある。マタタビに近縁であることから、幼木や若葉はネコ害を受けることもある。

その他のマタタビ属の近縁種も「キウイ」という名称を利用して流通している。例: オニマタタビ(A. chinensisゴールドキウイゴールデンキウイ)、サルナシ(A. argutaベビーキウイミニキウイ)、シマサルナシ(A. rufaミニキウイ)など。

https://ja.wikipedia.org/wiki/キウイフルーツ 続きを読む

別名 「グリーンキウイ」「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」「レインボーレッドキウイ」「チャイニーズグースベリー」ビタミンCが豊富。ビタミンEを含む。タンパク質分解酵素で舌がピリピリ、シュウ酸カルシウムでイガイガする事がある。

栄養成分/100グラム

糖質 食物繊維 が多い。

グラム数と性別を変更できます。バーと右下の数値は日本人の食事摂取基準の1日の推奨値を1食分にした数値です。
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
55kcal 658.33/1食 691.66/1食 1.0g 16.66/1食 20/1食 0.1g 18.33/1食 21.66/1食 13.5g 100/1食 103.33/1食
糖質 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
11g 33.33/1食 66.66/1食 0mg 200/1食 233.33/1食 2.5g 6/1食 9.33/1食 0g 2.33/1食 2.66/1食

ミネラル

カリウム が多い。

ミネラル(無機質)は、ビタミンと同様に体の機能の維持・調節に欠くことのできない栄養素
ナトリウム カルシウム リン 亜鉛 マンガン
2mg 200/1食 203.33/1食 33mg 216.66/1食 216.66/1食 32mg 266.66/1食 266.66/1食 0.1mg 2.66/1食 2.66/1食 0.11mg 1.16/1食 1.16/1食
カリウム マグネシウム 鉄分 -
290mg 666.66/1食 666.66/1食 13mg 93.33/1食 93.33/1食 0.3mg 3.5/1食 3.5/1食 0.11mg 0.26/1食 0.26/1食 -

ビタミン

「ビタミンC」 が豊富に含まれる。
ビタミンE 葉酸 が多い。

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではなが健全に成長し、健康を維持する働きがある
ビタミンA
レチノール当量/β-カロテン当量
ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンE
6μg/66μg 225/1食 225/1食 0.01mg 0.36/1食 0.36/1食 0.12mg 0.4/1食 0.4/1食 1.3mg 2/1食 2/1食
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB12 パントテン酸
69mg 33.33/1食 33.33/1食 0.02mg 0.4/1食 0.4/1食 0μg 0.8/1食 0.8/1食 0.29mg 1.33/1食 1.33/1食
ビタミンD ビタミンK ナイアシン 葉酸
0μg 1.83/1食 1.83/1食 0μg 50/1食 50/1食 0.5mg 3.83/1食 3.83/1食 36μg 80/1食 80/1食

グリセミックインデックス/ロード GI値/GL値

食品の血糖値の上昇目安と評価
参考 説明
GI値 35(低) 食品の血糖値の上昇度合いを表現する数値。70以上で高、56~69で中、55以下で低。高いほど血糖値が上がる食品だと判断される。
GL値 4.72(低) GI値に食品に含まれる炭水化物の割合をかけて算出。炭水化物量の少ない野菜や果物の評価が変わる。20以上で高、12~19で中、11以下で低
㌍/100㌘ 55kcal 運動や代謝によって消費されるエネルギー

きういふるーつの旬の時期/季節

今は12月:きういふるーつの旬は、 「1月」「2月」「3月」「4月」「5月」「6月」「7月」「11月」「12月」です。

16日

12月の旬の食材

12月が旬の野菜を表示しています

コメントを残す