じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

マグネシウム

ホーム / ビタミン・ミネラル / マグネシウム
Mg Magnesium ミネラル類

マグネシウム

骨や歯にカルシウムを定着させ、体内の酵素の反応や筋肉にを動かすカルシウムの働きを助け、糖質の代謝やたんぱく質の合成にも関係する。
  • カルシウムを骨や歯へ定着させる、カルシウム摂取量が増えると必要量が増える
  • 筋肉を動かすカルシウムの働きをサポートする
  • 体内の数百種類の酵素の反応を助け生理機能を支える
  • たんぱく質合成や糖質などの代謝にも働く
😥不足したら? 🤔とりすぎは?
  • 体内の酵素反応に関わるため不足すると様々な異常が出る
  • 昔ながらの食生活では様々な食品から摂取できたが、精製された食物が増えたので現代では不足気味だといわれる
  • リンを過剰摂取するとマグネシウムの吸収が阻害される事がある
  • アルコールを頻繁に飲む人は尿でマグネシウムが排出され不足気味になる事がある
  • 汗や尿でも排出されるので通常は過剰摂取の心配はない
  • サプリメントで過剰摂取した場合に軟便や下痢などの症状が出る事がある
  • 腎臓に疾患がある場合は排出が上手くいかず高マグネシウム血症の原因となる
♀女性
♂男性
値の説明

マグネシウムの食事摂取基準(mg/日)

日本人の食事摂取基準について/厚生労働省
推定平均必要量 母集団における平均必要量の推定値。母集団に属する50%の人が必要量を満たすと推定される1日の摂取量
推奨量 母集団のほとんど(97~98%)の人において1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取
目安量 推定平均必要量及び推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、特定の集団の人々がある一定の栄養状態を維持するのに十分な量
耐容上限量 母集団に属するほとんどすべての人々が、健康障害をもたらす危険がないとみなされる習慣的な摂取量の上限を与える量
目標量 生活習慣病の一次予防を目的として、現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量
女性
年齢等
推定平均
必要量
推奨量 目安量
0~5ヶ月(月) - - 20
6~11(月) - - 60
1~2(歳) 60 70 -
3~5(歳) 80 100 -
6~7(歳) 110 130 -
8~9(歳) 140 160 -
10~11(歳) 180 220 -
12~14(歳) 240 290 -
15~17(歳) 260 310 -
18~29(歳) 230 270 -
30~49(歳) 240 290 -
50~69(歳) 240 290 -
70以上(歳) 220 270 -
妊婦(付加量) +30 +40 -
授乳婦(付加量) - - -
男性
年齢等
推定平均
必要量
推奨量 目安量
0~5ヶ月(月) - - 20
6~11(月) - - 60
1~2(歳) 60 70 -
3~5(歳) 80 100 -
6~7(歳) 110 130 -
8~9(歳) 140 170 -
10~11(歳) 180 210 -
12~14(歳) 250 290 -
15~17(歳) 300 360 -
18~29(歳) 280 340 -
30~49(歳) 310 370 -
50~69(歳) 290 350 -
70以上(歳) 270 320 -

おすすめの組み合わせ

カルシウム カルシウムの骨や歯に定着させるため相性が良い

マグネシウムが多い肉・魚介類

マグネシウムが多い野菜・果物