じぱんくう。

Zipan9 – 食べ物・料理・栄養ネタでおなかいっぱい/コンビニ・外食レビューやネタまとめ、食材の栄養価、グラフデータなど

日清焼そばUFOを再現して大量に食べたい【ごちソース】

ホーム / 合体 / 日清焼そばUFOを再現して大量に食べたい【ごちソース】

日清焼そばU.F.O.みたいな焼きそばを市販の袋に3食入ったあの焼きそばで作りたい。が、あのゴチソースを再現するのは難しい。しかも昔と今では微妙に味も違う。実は昔のUFOが好き。

用意するもの

日清焼そばU.F.O.大盛、生麺タイプの焼きそば(3人前)、U.F.O.大盛は200円前後、生麺タイプの焼きそば(3人前)が100円前後で、合わせて4人前作るのに必要なコストは300円程度。これがU.F.O.×4だと800円かかるので、かなり低コストで作れるということになります。つまり合体してしまうわけです。

お好みで、肉入りカット野菜、たまご、紅生姜などを入れると本格的な焼きそばになる。

目玉焼きを作る

今回はせっかくホットプレートで作るのだから側でトッピング用の目玉焼きを作ります。

肉入りカット野菜を炒める

できあがった目玉焼きは端におき、肉入りカット野菜を炒めます。セブンイレブンで100円だったので入れてみる。

麺を焼く

通常の焼きそば麺をしっかり焼くことで香ばしさと腰がしっかりした仕上がりになります。焼いてない焼きそばとは言わせない。

しっかり焼いた麺とソース

袋の焼きそばのソースも使う。どの焼きそばもたいてい味気ない。しっかり焼いてソースの香ばしさを出しておく。

日清焼そばU.F.O.を作る

ここから本番。通常の焼きそばを作りながらU.F.O.を同時進行。このゴチソースの味がかなり強いので混ぜてもある程度のUFOらしさは維持してくれる。

日清焼そばU.F.O.をホットプレートへ

合体します。3食入りの通常の焼きそば+焼きそばUFO。これ以上通常の焼きそばが増えるとUFOらしさはなくなってしまう。ソースだけがUFOっぽくてもダメかもしれない、このカップ麺独特の麺の風味も大事。

混ぜる

2つの焼きそばを混ぜ合わせたら、できあがり。U.F.O.に付属しているふりかけも忘れずに。生麺だがUFOの麺の風味も残しつつ、味はUFO。多少パンチはなくなるがソースを完全に自作で再現してもここまで近くはならないはずだw

お好みでトッピング

再現完成

トッピングは目玉焼き、紅生姜、今回は入れていませんが揚げ玉などお好みで。ちょっと贅沢なUFOができあがります。

コメントを残す

本日の人気レビューTOP20